メインコンテンツへスキップ

Multiple Choice Question

多肢選択問題を表示するISLEコンポーネントです。学習者が1つの答えを選択しなければならない場合や、複数の正解があり、すべての正解を選択しなければならない場合をサポートします。

オプション#

  • question | (string|node): 多肢選択式コンポーネントの上部に表示されている問題. Default: ''.
  • solution | (number|array): 正解数. Default: none.
  • answers | array (required): は解答オブジェクトの array です。各解答は contentexplanation フィールドを持つオブジェクトで、表示される解答オプションと、解答が正しいか正しくないかを説明するために問題が投稿された後に表示される説明を表します。. Default: none.
  • hintPlacement | string: ヒントの配置 (top, left, right, bottom のいずれか). Default: 'bottom'.
  • hints | array<(string|node)>: 解答のヒント. Default: [].
  • feedback | boolean: フィードバックボタンを表示するかどうかを制御します。. Default: true.
  • disabled | boolean: は質問が無効になるかどうかを制御します。. Default: false.
  • chat | boolean: 要素が統合されたチャットを持つべきかどうかを制御します。. Default: false.
  • provideFeedback | string: full, incremental, none のいずれかを指定します。full の場合、学習者が解答を提出した後に正解を含むフィードバックが表示され、incremental の場合、選択した解答に対してのみフィードバックが表示され、none の場合、フィードバックは返されません。. Default: 'incremental'.
  • disableSubmitNotification | boolean: 投稿通知を無効にするかどうかを制御します。. Default: false.
  • displaySolution | boolean: はソリューションを前面に表示するかどうかを制御します。. Default: false.
  • until | Date: 学生が回答を提出するまでの時間. Default: none.
  • points | number: 採点点数. Default: 10.
  • style | object: CSSインラインスタイル. Default: {}.
  • onChange | function: 選択された回答が変更されるたびにコールバックが呼び出されます; 唯一の引数として選択された質問のインデックスを受け取ります (質問のタイプが "Choose all that apply" の場合は配列). Default: onChange(){}.
  • onSubmit | function: アンサーが送信された後に呼び出されるコールバック. Default: onSubmit(){}.

例としては、以下のようなものがあります。#

ライブエディター
結果
ReferenceError: Provider is not defined